~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、こんにちは。

 

最近はこの手法が多いですね。。。

 

IMG_5338

IMG_5339

 

新規出店で試算を組んでもどうしても合わない。

 

じゃあ、どうするか!?

 

造作譲渡をいかに安価で済ませ、最低限の設備投資をし自らのオペレーションで全体のパフォーマンスを向上させる。

 

 

あ、来年以降に店舗を止めようと考えているオーナー様へ、この場を借りて一言お伝えしておくと・・・

 

同業のパチンコ店に入ってもらいたいならば、今すぐ使える機種については認定申請しておいて下さい。 入ってもらいたいって言い方はイコール、自社ビルであればパチンコ店であれば賃料が高い、もともと賃貸で入っているのであれば造作譲渡金額を得ることが出来る。

 

少なからず出店したいオーナー様はいるのでその方の立場になって考えて頂けると分かるかと思う。 機械をほぼ購入しなくてはならない上に設備投資もしなくてはならないとなると出店も見送る可能性が大だから。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

ユニバカ×サミフェス2018

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ