~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

参加人口減少

皆様、こんにちは。

 

先日発表したようです。。。

 

日本生産性本部余暇総研は7月20日、8月上旬に発刊予定の「レジャー白書2017」の概要記者発表を行った。

 

パチンコ関連の指標では、参加人口は前年より130万人(12.1%)減少し940万人となり、2013年以来3年ぶりに1,000万人を割り込んだ。市場規模(貸玉料金)も6.9%減少し、21兆6,260億円。年間平均活動回数も前年比2.6回減少の29.8回、年間平均費用も8万8,900円と前年より9,900円減少した。

 

参加率においても前年比1.3%減少の9.3%。また、パチンコ・パチスロを今後やってみたい、継続したいという人の比率を表す参加希望率は6.6%で前年とほぼ横ばいの結果となった。

 

余暇市場全体は70兆9,940億円で前年比2.0%減となり、一時の回復基調から再び減少傾向に転じた。ただし、パチンコ・パチスロの大きな減少が継続しており、パチンコ・パチスロを除くと余暇市場は0.3%の増加となった。

 

by グリーンべると

 

前回だったか?参加人口を修正したのは何だったのか・・・減少している事には変わらない。

 

初当りまでの投資が嵩むってのが大きな要因。 もう一つの要因として公平・平等感がない。 いつ打ちに行っても公平・平等であれば大当りを引けず負けても納得。 でも何台も出ていて空台=カスとなると打つのを躊躇⇒退店となる。

 

いかに中高年層を掴んでいるかで存続できるか否かが掛かっている。 よって営業の仕方も変わるハズ。

 

図1

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

ユニバカ×サミフェス2018

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ