~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

再プレイ上限

皆様、おはようございます。

 

一応、再確認ですが再プレイ玉(枚)数の上限もレート関係なく一律で設けられたので明記しておいた方が良いですよね。

 

東京都内のパチンコホールは11月2日までに金地金賞品(金賞品)の価格を値上げすることになった。0.1g金賞品、0.3g金賞品、1g金賞品の提供価格の下限を定め、問屋からの仕入れ価格を下回るような「逆ざや」的な賞品提供を改善し、射幸性の抑制を図ることとした。9月29日に開催された東京都遊技業協同組合の定例理事会で、「適切な賞品提供の徹底」として決議された。


 

各金賞品の提供価格の下限は、0.1g金賞品が1120円(4円ぱちんこの場合で280玉)、0.3g金賞品が1680円(同420玉)、1g金賞品が6160円(1540玉)となる。

 

現在、都内の一部のホールでは、0.1g金賞品を1000円、0.3g金賞品を1500円、1g金賞品を5500円で提供しており、これらホールにおいては12%以上の金賞品の値上げとなる。

 

また、貯玉再プレイシステムについても、1日1人当たりの引き出し上限を設けることを申し合わせることとした。1遊技料金に対してパチンコは2500玉、パチスロは500枚が上限となる。

 

提供価格の変更は、11月2日までに都内全ての店舗で実施。ファンに向けた店内告知は10月5日から開始される。 今回の適切な賞品提供の徹底については、出席理事65名、欠席理事11名の全員が賛同した。


 

by グリーンべると

 

 

店舗においても、再プレイ玉(枚)数の変更告知はしておいた方が良いでしょうね!

 

LINEで送る

関連記事

    • 2015年 10月 08日

    きょうび、最プレイメダル500枚じゃジャグラーも一日打てんでしょう。なぜ上限を作るのでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ