~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

光センサー取付で指導

皆様、お晩です。


さっそく標記の件です。

光センサーの取り付けは、ジャグラーに始まり鬼武者、そして今回の北斗の拳でかなりのニーズがある。


ART時に遊技機から発せられる光を光センサーで関知し、呼出しランプ等にART回数を表示する付加装置の取付けをめぐり高知県警生活安全企画課が「遊技機の性能に影響を及ぼさない保証はない」として、高知県遊協に対して同付加装置のパチスロ機への取付けを認めない判断を示していたことがわかった。


これはパチンコ営業者から寄せられていた相談に対する県警側の回答。回答は高知県遊協に対して11月28日に文書で示されていた。


この付加装置について県警側は遊技機からの電源供給は受けず、かつ遊技機との電気的接続は行わないため、遊技機の性能に影響を与えるものではないとの説明をメーカー側から受けていた模様。しかし遊技機に直接接続しないとはいえ、電気が通る配線である以上、磁場やパルスが発生し、遊技機に影響を及ぼさない保証はないというのが今回の判断で、すでに取付けられている光センサー及び電磁波等が発生すると思われる付加装置についても速やかに撤去するよう指導要請を行っていたこともわかった。


一方、この指導通知を受けた後、光センサー及び電磁波等を出すゴト対策付加装置の扱いが問題として浮上。最終的にすでに許可を受けて設置しているものに限り、設置の際に提出していた「変更届出の写し」と「誓約書」の提出を前提に継続使用が認められた模様。ただし今後新たに取付けるゴト対策付加装置については「光センサー及び電磁波等を出ないものに限られる可能性がある」(関係者)との指摘も聞かれる。


ARTへの突入信号は最初の突入時には出るものの継続回数刻みでは発信されない仕組みのパチスロ機が大半を占める。このため継続回数に関する情報開示については、別に対応が求められたが、光センサーで関知する方式もひとつのやり方として提案されていた。



今回の件は、高知県だけではありません。 埼玉県や栃木県一部でも許可が下りておりません。


必ず所轄へお伺いを立ててから取り付けましょうね^^;





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事



  1. 何時もストレートで切れのある文章
    楽しく拝見させております。
    業界のエキスパート常時山本様に
    今回 話題にあがっている出玉没収 話題を常時様なりに
    解釈してみて下さい。
    宜しくお願いしました。



  2. 電気で動く全てのモノは、電磁波が出ます。量を無視した机上の空論ですから、誰も否定できません。ならば、影響を与える量の基準値をつくろう!ってなる訳ないかぁ。



  3. 昨今の警察の取り締まり強化で何か一つでも良い結果が得られたのでしょうか?
    来店イベントが増加したのは警察の思惑どおりなんでしょうか?
    警察は1っぺんにいろいろやり過ぎだと思います。
    これでは、何が良いのか悪いのか結果を見ても分らないでしょう;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 8858昨日の閲覧数:
  • 186173月別閲覧数:
  • 23現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ