~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

中古流通に制限

皆様、おはようございます。

 

先日通達があった通りで、今週末の申請分からスタート!

 

中古機流通協議会(伊坂重憲委員長)は、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率がパチスロ設置台数全体の50%を超えるパチンコホールに対する措置として、中古遊技機(パチンコ、パチスロ)の移動にかかる申請の受付を留保することを決定した。2月8日の中古機流通協議会で決定し、2月24日付で各構成団体に通知した。

 

また、設置比率が50%以下でも、中古機の移動・設置により50%を超える場合は申請の受付を留保する。ただし、移動・設置することにより、新基準に該当しないパチスロ機の設置比率が50%以下になる場合は、申請を受け付ける。

 

ホール店舗は、中古遊技機に関する保証書の作成を依頼する際、設置比率の確認資料として、「新基準に該当しない回胴式遊技機に関する確認書」を販社に提出することになる。

 

3月10日申請分から運用を開始する。

 

by グリーンべると

 

オーバーしている店舗は西の方が多いかな!?

 

「凱旋」の値段も高騰している訳で・・・

 

比率を下げるには新基準機の導入か、S増台して比率を増台して比率を落とすか・・・いずれにしても新基準機の導入が不可欠か。。。

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

グローバルアミューズメント㈱

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ