~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

三共が絶好調!?

皆様、お晩でございます。


さっそく標記の件です。

先日のニュースをコピペいたします。


SANKYOは4~6月、エヴァ好調で営業利益が2倍


SANKYOが8月5日に発表した平成22年3月期第1四半期の連結業績(平成21年4月~6月)は、売上高870億1900万円(前年同期比89.1%増)、営業利益195億5600万円(同112.6%増)、経常利益213億300万円(同102.3%増)、四半期純利益132億5400万円(同101.0%増)の増収増益となった。


期間中に販売したBistyブランドのパチンコ機『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの第5弾「最後のシ者」(4月)が好調で、シリーズ過去最高となる23万5000台を販売。パチンコ関連ではその他、SANKYOブランド2シリーズを販売し、パチンコ関連事業の売上高は790億円(同165.7%増)、営業利益は205億円(同158.4%増)、販売台数26万4000台となった。


パチスロ関連事業では、SANKYOブランド、Bistyブランドともに1シリーズを販売したが、販売台数は1万7000台にとどまり、売上高は32億円(同72.7%減)、営業損益は9000万円の赤字となった。


ホールが潰れているのにメーカーは潰れない。 一番儲かっているのはお客でもお店でもないんですよね・・・



そして、よく喋る営業マンがおりまして・・・


なんでも「CR○ヴァ6」がすでに出来上がっているとか!? そして、勿論「スロ○ヴァ」も同様で秋から年末に掛けて販売しそうな気配。。。


三洋の海物語同様、益々販売するスパンが短くなってきてますね。 これ以外売れないから仕方ないと言えばそうなのですが・・・


年末に「CRFマ○ロス」が控えているとなると、この生産が終わった頃に「CR○ヴァ6」を生産するとすれば来年2月頃の販売でしょうか!?





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9143昨日の閲覧数:
  • 206881月別閲覧数:
  • 45現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ