~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

プロジェクションマッピング新筐体

皆様、こんばんは。

 

昨年から秋頃から先見せをしていたようですが、ようやく発表になりましたね。。。

 

株式会社ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、パチスロ機の映像表示装置にプロジェクションマッピング技術を搭載した新筐体「WIZARD」(ウィザード)を開発し、報道陣に公開した。

 

同技術は近年、映像ショーイベントなどを中心に、一般にも認知されてきているが、パチスロ機に搭載されるのはもちろん、据置型メンテナンスフリーの商用営業機として、数万台規模で量産化されるのは世界でも初めてだという。

4  

新筐体で開発中となる演出映像を披露した際には、これまでにない描写表現の革新性に、集まった記者らから感嘆の声が挙がっていた。すでに同社では、同技術を搭載した新機種の販売を今春にも計画しており、新たな遊技機の可能性を示す技術革新機として注目を集めそうだ。

 

プロジェクションマッピングは、建物や空間に対してプロジェクターを用いて映像を投影する手法。平面だけでなく、立体物などに投影することで、リアルな物体とヴァーチャル映像の融合を楽しむことができる映像表現だ。最近では、2012年に行われた東京駅の丸の内駅舎を使ったプロジェクションマッピングイベントが知られている。

5

同社では、この映像表現をパチスロ機で実現するために、新技術「高性能マイクロプロジェクターおよび、3D描画エンジンとの双方向性を視野に入れた超高速広帯域画像処理モジュール」を開発。プロジェクターの小型化を図るとともに、これまで固定の立体物専用だったプロジェクションマッピングの投影を可動物でも可能にするなど、さらなる進化への道筋も付けた格好だ。

 

また、同技術を採用したパチスロ機では、スクリーン側の工夫で各社多様なコンテンツに対応できるため、長納期部品の生産リスク低減とリサイクル率の改善が見込めるという。

 

同社マーケット戦略室の長谷川崇彦室長は、「これまでメンテナンスフリーの据え置き型マイクロプロジェクターの量産化は難しかった。開発にあたって苦労したのは、複数のスクリーンと連動しながら行われる映像の照射と、どのようなタイミングで画面が切り替わっても映像のズレが生じない点だ。今後パチスロ機の射幸性が低下していくなか、業界全体を新たなブレイクスルーで盛り上げていきたい」と新技術に対する期待感を表した。

6

※イラストは設計データを基にしたイメージ図。またイメージ画像、プロトタイプの筐体画像は、開発中のもの

 

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

by 遊技通信

 

 

非常に興味ありますね!

 

・・・とは言えユーザー視点ではどうなのか!? 結局は出玉!?

 

すでに機種画像も出回ってますが・・・ ⇒ 「パチンコパチスロドットコムさんに出てたのに削除されてます!?

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 7155昨日の閲覧数:
  • 153617月別閲覧数:
  • 25現在オンライン中の人数:

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Twitter

最新の記事

アーカイブ