~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

ファイナンス動向

皆様、こんばんは。


さっそく、標記の件といきましょう。


ついに大手ノンバンクが、ファイナンスを再開しました。

この大手ノンバンクは、業界全体に対して融資額が約2,600億円といわ

れております。 また、ラブホテル業界にもかなりの金額が流れている。


そして、これまでの流れは下記の通りです。


1.㈱ダイエー破綻後、昨年610月頃までで取引先から「モニタ

  リング」と称して3期分の決算書を確保。


             ↓


2.決算書は、営業マンは目を通さずそのまま審査部へ。


             ↓


3.今年の3月頃にすべての企業の審査が終わり格付けが終了。


             ↓


4.4月に入りファイナンスを再開。

  ある程度の線引きができ、そのラインを超えている企業に対して

  のみ追加を行う。



こういった流れでしょうか!?


とはいっても、以前に比べれば小さい金額です。

今までは担保なしで業界に対して追加を出しておりましたが、今後は

担保ありきが勿論で最悪保証人の追加まで要求される。


で、実際にどのくらい再開しているのかというと、企業の数では1/4

1/5程度じゃないでしょうか!? そう、中堅から大手クラスしか出ない

と言っても過言ではないでしょう。



話しは変わりますが、私が思うに金融機関によって業界が潰されて

いるとも言えます。 業界のキャッシュフローが魅力で飛び付いてきた

ハゲタカ達が食いあさり、食えなくなったら一気に手を引く。。。


大手には金を貸し店舗展開に拍車がかかり、その裏側では単独店が

どんどん潰れていった。 そんな状況下で、金融機関は利益の根源で

あるパチンコ業界から利益が上げられなくなり必死のようだ( ̄∩ ̄#




皆様のお陰でランキング上位が維持できております。

一日ワンクリックのご協力をお願い致しますm(_ _ )m

     ↓  ↓  ↓

  





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事



  1. ノンバンク、オリ○○○かな??

    金の出し手にも責任があるような気がします。
    バブルの時に不動産へ貸し込んだのもそうですけど……

    • 2008年 4月 20日



    どっちもどっちですね。
    サラ金もパチも在日だらけの業界なのにサラ金屋がパチ屋を食い潰すってのは笑えますけど

    • 本山
    • 2008年 4月 20日



    昔のパチンコ屋は借金しなくても全て自前の資金でまかなえたのにネ。

    まずはもう少しパチ屋が潰れて適正店舗数になった方がイイネ。



  2. 土地を買って、パチンコ企業に売ろうすることもあるのですね。

    友人から教えて貰いました。

    M社が買ったら、かなり、キツいと。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 6631昨日の閲覧数:
  • 125435月別閲覧数:
  • 27現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ