~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

パチンコ景品業者が巨額脱税

皆様、こんにちは。

昨日のニュースですが、コピペいたします。

岡山地検は18日、相続税約2億2700万円の支払いを免れたとして、相続税法違反罪で会社員西川貞子被告(65)、次男の会社役員裕司被告(34)=いずれも倉敷市=を起訴した。

起訴状では2人は共謀。2007年9月に死亡した貞子被告の夫の遺産を他の親族2人と相続する際、親族の委任を受け、相続税課税価格が計約8億8400万円だったのに、現金や有価証券など約6億1700万円を除外して約2億6700万円と申告。脱税したとされる。

地検などによると、貞子被告の夫はパチンコ景品交換業などで蓄財。2人は「家族がせっかくためた財産なので、納めず残しておこうと思った」と起訴内容を認めている。

by 山陽新聞



業界全体が落ち込んでいるというのに・・・呑気なもんですw



LINEで送る

関連記事



  1. こんな輩は、業界全体なんてマクロな視点なんて皆無でしょうね~。
    (・∀・)



  2. 日本の相続税って50%近くなかった?今の日本に納付したくないのは分かりますが…ホールが企業コンプライアンス厳守とか言ってもパチンコ屋に付随する業者が法を破っていたらますます行政の指導が厳しくなってくるのでは?



  3. 業界も、未だに脱税界の上位。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

ユニバカ×サミフェス2018

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ