~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

パチンコの換金合法化議論

どこへ打ちに行く!?

5月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 4月   6月 »

皆様、お晩です。


本日の神のなせる業はこちら。。。


             ダウン


             ダウン


             ダウン


             ダウン


             ダウン


常時山本


「東京スカイツリー」ですね。


何が神かと言うと・・・高速道路を走りながら写メ・・・ 勿論、目は前で右手で撮るみたいな。。。 その割にはよく撮れている!? 皆様は真似しないように・・・^^;



さて㌧、標記の件です。

少し前にコラムでも取り上げましたが同じような事が出てますね^^


野村証券は「産業アウトルック(5月号)」で、4月14日に外国人観光客の誘致や地域振興を目的に、超党派でカジノ合法化を目指す「国際観光産業振興議員連盟」の設立総会が開催されたと解説。


会長に民主党の古賀一成衆院議員、会長代理に自民党の岩屋毅衆院議員が就任。第1次募集で74人の国会議員が集まり、今秋の臨時国会での法案提出を目指している。


野村証券ではカジノ施設が設置されたとしても、コナミや日本金銭機械などカジノ向け機器を手掛ける企業の売上高に対する寄与度は限定的と予想しているが、カジノ議連がパチンコの換金行為を合法とする「遊技新法」の制定も目指していることも紹介している。


パチンコの換金行為の合法化が実現した場合には、大手パチンコホールチェーンの株式上場に道筋が付くとともに、遊休地の活用に悩む上場企業のホール経営が加速する可能性がある。


その結果、中小規模のパチンコホールの淘汰は進むが、大手チェーンを中心に遊技機の入れ替え頻度が上がり、SANKYOやセガサミーホールディングスなど遊技機メーカーには追い風となるだろうと紹介。



流れとしてはカジノ法案を通した後、何年かかるかは分かりませんが近い将来パチンコの換金合法化へとなっていくでしょうね。





LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

RSSでブログを購読

読者になる

Twitter

どこへ打ちに行く!?

5月 2018
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
« 4月   6月 »

最新の記事

アーカイブ