~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

カジノ依存の危険性

皆様、お晩です。


さっそく標記の件です。

債務問題の解決に向けて当事者や専門家が話し合う「全国クレサラ・ヤミ金被害者交流集会」が26日、松山市文京町の愛媛大学城北キャンパスで始まった。


東日本大震災による二重ローン問題やギャンブル依存症など26の分科会があり、各地から約800人が参加した。


三つの主催団体などが開会に先立ち記者会見し、全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会の山地秀樹会長が「大王製紙の件で、カジノの問題が知られるところになった。依存症の怖さを知らないといけない」とあいさつ。集会では、ギャンブル依存症対策が日本より進んでいる韓国から学ぼうと、政府として問題に取り組む国家ゲーミング(ギャンブル)産業統合監視委員会の金聖二(キム・ソン・イー)委員長を招き、特別講演会を開いた。


金委員長は、韓国人が唯一入場できるカジノ「江原ランド」のある地域では、オープンした2000年から犯罪率が急増、自殺率も全国平均の1.8倍になったことを報告。「震災復興に東北へカジノをつくる意見があると聞くが、よく考えないといけない」 と話した。


さらに韓国では、ギャンブル産業の売上高が09年に16.5兆ウォンになったが、家庭崩壊や労働意識の低下で社会全体で60兆ウォンの損失が生まれたという試算を挙げ、国が依存症治療の施設を置いたと説明。金委員長は「ギャンブルの収益で依存症対策に取り組む必要がある」と指摘した。



金額の大小はあるにしても、当業界も同様のことが言えますね。 くれぐれも借金してまで遊技をすることは避けて頂きたく思いますm(_ _ )m





LINEで送る

関連記事

    • 2011年 11月 28日



    主観的な意見ですが日本人と外国人の性格が違うので、韓国だけでなくアメリカなど他にカジノがある国からも参考にしながら考えていくべきだと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ