~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

カジノが出来たら?

皆様、お晩です。


未知数ではあっても、現実はこんなアンケート結果だったんですね。


エンタテインメントビジネス総合研究所(藤田宏社長)が今年10月に実施したアンケート調査で、カジノができたら遊技を「やめる」もしくは「減らす」との回答が、遊技者全体(1528人)の37.1%にのぼっていたことがわかった。12月19日に都内で開かれた同社主催のセミナーで報告された。


このアンケートは1万人を対象に行なわれた。1528人の遊技者は過去1年以内に1回以上パチンコまたはパチスロを遊技したと答えた回答者数。このうちカジノができたら「パチンコ店に行かなくなる」との回答は9.9%、「パチンコ店に行く回数や1日に使う金額が減る」は27.2%で、計37.1%を占めた。


もっとも多かったのは「何も変わらない」の61.4%。「パチンコ店に行く回数や1日に使う金額が増える」は1.4%にとどまった。


年代別では「10代・20代」44.8%(やめる15.6%、減らす29.2%)がもっとも高く、次いで「30代」の40.8%(やめる12.7%、減らす28.1%)と、若い世代ほど影響を受けやすい傾向が示された。


「やめる・減らす」が4割近くに達した要因についてエンビズ総研の近藤副主任研究員はカジノに関する情報不足を指摘。「カジノでは入場料がとれられるが、このことを回答者の多くは知らなかったと思う。シンガポールの入場料は6000円だが、たとえば5000円の入場料を払うくらいなら、それを持ってパチンコ店に行く人もいる」と述べた。


また近藤氏は、カジノがパチンコ・パチスロ遊技人口の拡大に道を開く可能性にも言及し、カジノによってマシンゲームを初体験したパチンコ・パチスロ未経験者が身近にある類似マシンゲームとしてパチンコ・パチスロを意識し始める可能性のあること、またカジノを初体験した既存遊技者についても、パチンコ・パチスロの面白さや、相対的に財布に優しい遊びやすさが再評価される可能性があると語った。


ただ、近藤氏は、その都度入場料を支払わなくて済む「年間パスポート」の危険性(周辺ホールへ与える影響)を指摘。年間パスポートが導入されれば入場料への拒否感が薄まるとして、国内にカジノが認められる場合でもその導入は断固阻止する必要があると述べた。


また「コンプ」と呼ばれるカジノ特有の顧客還元にも警戒感をにじませ、コンプの存在が広く浸透した場合はカジノに流れる遊技者が増す可能性を示唆した。コンプとは売上見込額の一部をポイント還元するオマケのこと。プレイヤーは、飲食代や宿泊代、キャッシュバックなど、さまざまな形で還元が受けられる。


by グリーンべると



ん~カジノは身近な娯楽にはなり得ないので、今のユーザーには不向きだしマシーン自体に魅力を見い出せない。 更に攻略できないという点では負けに行くようなもの。


ディーラーは利益を追求できなければ死活問題なので、抜いてなんぼって世界。


つまり負ける確率がほとんどと分かってて通う金持ちの道楽かなと。 それをステータスとするんでしょうね。 まぁ一般的には観光客向けですね。 パチンコを打たない富裕層向けってイメージですかね。





LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

    • yosuke
    • 2013年 12月 22日



    本当にそう思ってるのならば、頭が湧いてるとしか思えない。

    全力で抜きに行く??そんなの今のパチ屋と全く変わらない。

    というか、パチンコ、スロット好きって機械どうこうじゃなく基本ギャンブルが好きって事を完全に忘れた発言だと思います。

    今は業界で飯を食っていますが、今後本当に明るい未来なんてない。遊戯者数、売上額(両方ともに未だかなりの数字になりますが)共に全盛時と比べたらば完全に斜陽産業ですよ。



  1. 自分も「カジノは必要論者」ですが、より一層「カジノとパチ」の共存の可能性があると感じました。

    パチ打ちの基本は「立ち回り」にあるはずです。でなければ、パチマガなどの雑誌が売れるわけありません。

    それにくらべ、カジノはまさに「運否天賦」、設定看破等のパチ競技者wの心をくすぐるものはありません。
    ルーレットの出目表なんて、確率の結果論を追従しているにすぎません。よっぽど、試行ゲーム数が足りてない状況で「小役が6をぶっちぎってる」とか言っている方が健全ですw

    なので、今までは
    パチ⇒サラ金⇒パチ⇒弁護士 から
    パチ⇒サラ金⇒カジノ⇒弁護士 に変わる位じゃないかなと思う今日この頃です。

    • 謝罪
    • 2013年 12月 22日



    最後の方は今のパチ屋にも言えそうな(笑)

    • ぷち
    • 2013年 12月 22日



    負ける確率がほとんどわかっててって言いますがパチンコごときの仕組みで負ける確率がほとんど理解できないユーザーのおかげでなんとか持ちこたえてる業界だと思っとります

    • ふなっしー
    • 2013年 12月 22日



    〉今のユーザーには不向きだしマシーン自体に魅力を見い出せない。 更に攻略できないという点では負けに行くようなもの。
    これってパチ・スロにも共通してるような・・・

    • たかし
    • 2013年 12月 22日



    >>国内にカジノが認められる場合でもその導入は断固阻止する必要があると述べた。


    息を吐くようにスムースに、他者の足を引っ張る事を真っ先に考える朝鮮人思考のパチンコ業界わろりんw
    カジノめっちゃ楽しみ!!!www

    • 山形屋ヤー〇〇〇です(笑)
    • 2013年 12月 22日



    無意味なデータ

    • ショボいユーザー
    • 2013年 12月 22日



    パチンコ好きがカジノ好きとは限らないでしょ?
    自分はカジノが出来ても変わらずパチンコしますよ

    • 無名
    • 2013年 12月 24日



    まぁ、常時サンの言うとおりパチンコ・パチスロユーザーはカジノに流れないでしょうね。
    コンプだって一般の人はあまり恩恵ないし…。

    打撃を受けるとしたら公営ギャンブル。

    けど、特観席を利用している富裕層が最初だけカジノに流れるくらいだと思いますよ。

    • ttt
    • 2013年 12月 24日



    カジノって正装じゃないと入れないし、そんな頻繁にいくものでもないでしょ?
    そもそも外国人の呼び込みがメインだろうし。
    汚い恰好でいつでもどこでも入れるパチンコ屋に行くのとはわけが違うと思う。
    別にパチユーザーってポーカーとかルーレットしたいわけじゃないしな。



  2.  
    1万人を対象にしたアンケートと聞くと…

    いかにも説得力のありそうな、もっともらしい響きが感じられますが

    その内1500人余りの方々がパチンコを嗜む人達で

    その中の37%の人が

    カジノが出来たら…
    パチンコ屋に行かなくなるか又は行く回数を減らすつもりで考えているようだ…と

    なんかね
    ここいら辺りから
    自分達の意見を述べる為にアンケートの数字を利用し始めているような気がしてならないんですが…

    『アンケート』って
    聞き方次第でかなり答え方が左右されますし
    少なくとも、
    それが『絶対的な回答者集団の意志』とは限りませんョね

    もしかしたら37%の人達は、
    別にカジノが出来ても出来なくても
    今の『お財布に優しくない』パチンコ,パチスロは、もうそろそろやめようかな…
    と、思っているのかも知れませんし


    数字の見方・捉え方なんて様々だと思います

    ところで
    記事の後半部分は…

    他の方のコメントにもあるように
    カジノに対する意見の形を取りながら、

    実は常時さん的に
    今のパチ業界の現状に対する警鐘の意なのでは?
    と、感じました


    私の視点の方が間違っているかも知れませんので
    予めお詫びしておきます


     

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9143昨日の閲覧数:
  • 211238月別閲覧数:
  • 21現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ