~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

アドバイザー講習会

皆様、こんにちは。

 

すでに取得されている方もいると思います。。。

 

全日遊連は9月15日、都内で全国理事会を開催後、定例の記者会見を開いた。

 

当日の全国理事会では全国都府県方面遊協に対して「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習用DVDを配布。理事会後の記者会見では今後各遊協でDVDを用いた講習会を開催し、年内までに1店舗1名以上、全国で1万名以上のアドバイザー配置を目指していく方針が示された。

 

今後は各都府県方面遊協ごとに「1店舗1名以上」をクリアした地域の店舗から「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」ポスターを店内に掲示していくという。ブロック別講習会(東京、九州・中四国、近畿、北関東、南関東、中部)を終えた8月9日現在のアドバイザー講習終了証発行者は3,503人。

 

当日はそのほか記者から規則改正に伴う認定申請やみなし機の取り扱い等について質問が上がったが、阿部恭久理事長は「遊技機設置状況調査結果を警察庁に提出したが、まだ返事がない」と述べ、現在警察庁から回答を待っている状況だと報告した。

 

全日遊連では8月8日付で全国都府県方面遊協に対して、パチンコ、パチスロの設置台数をはじめ、新基準に該当しない遊技機、検定機、認定機、みなし機の設置台数、検定機のうち認定申請を予定している台数について調査を実施。それら調査結果をまとめ8月31日に警察庁に提出していた。

 

by グリーンべると

 

なんだか突き返されたって話も出回ってましたけど正式文書を待ちましょう。

 

認定に関しては書類は出るけど所轄が受け付けてくれるかは所轄次第って見解が多い。 よって隣町では認定が取れていても自町では取れずみなし機になることも実際に最近でもあった。

 

LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 10443昨日の閲覧数:
  • 218930月別閲覧数:
  • 18現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Twitter

最新の記事

アーカイブ