~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

みなし機の取扱いについて

皆様、こんばんは。

 

まずは昨日、西日本各地で豪雨による河川の氾濫や土砂崩れなどの被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。 早い復旧を祈っておりますm(_ _)m

 

先日ですが某県にて通達が出ました。。。

 

以下、転記いたします。

 

日付 : 平成 30 年 7 月 5 日 

 

件名 : みなし機の取り扱いについて(緊急)

 

いつも大変お世話になっております。 先程、県遊協より連絡があり、先日(7/2)メール・FAXでお送りしたみなし機についての追加情報を頂きました。

 

今後県警の方から連絡がありますが、7月末までに、各ホールが現在所有している遊技機の一覧表を警察に提出し、8月より警察の立入検査が入ります。

 

そこでみなし機の内、撤去対象台(詳細は7/2にお送りした書類をご覧ください)があった場合、行政指導が入ってしまうため、7月中に撤去等の対応を迅速に行ってください。

 

※撤去対象台かどうか不明な際は、〇〇警察のほうに各ホールより連絡して確認して頂くことはできますが、どの機種が対象であるかは、答えて頂けないそうです。

 

※どのような形で所有遊技機一覧を提出するかは、まだ情報が入っておりません。 また、認定申請を行っているのかわかるように提出する場合の注意として、申請漏れで検定日が切れた状態で認定機として台を設置してしまっていた時には、悪質営業とみなされる危険性もあります。 検定・認定 期限内のご確認をお願い致します。

 

※7月17日(火)みなし機の件に関して県遊協にて臨時理事会が行なわれます。 詳細が分かり次第、ご連絡させて頂きます。

 

ご不明な点がございましたら、事務局までご連絡下さい。 宜しくお願いいたします。

 

 

これは企業によって考え方が様々です。

 

コンプライアンスを遵守している企業は問題ないでしょう。

 

1.Aという機種があった場合、検定(認定)終了日までにB(中古)を導入してAを撤去する。

2.Aという機種の検定(認定)終了日が例えば水曜だった場合、その週末の日曜日にB(中古)、またはC(新台)を導入してAを撤去する。

3.自店は中古導入しないから新台導入時に検定終了日を超えた機種から順次撤去していく。

4.稼働している機種は撤去せずにいる。

5.県(競合)のやり方に沿って撤去していく。

6.Aタイプや甘デジ(羽根物含む)は同様機種の導入まで撤去しない。

 

分類するとこんな感じでしょうか!?

 

LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

ユニバカ×サミフェス2018

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ