~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

皆様、お晩です。


先日、大当り(タイムストックボーナス)中の「CRガロ外伝」で賞球不良が起きました。 そしてトラブル対処が長引き大当りが終了してしまった。




あら、大変w




さて、皆様はどのような対応をしますか!?




以下、某店舗での対応です(※お客様=A、店員=B)。


A : 大当り終わったけど何発補償してくれるの?


B : (インカムのやり取りをし・・・)申し訳ありません、1,500個となります。


A : え?そんなの可笑しいでしょ! この機種の出玉って知ってる?



こんな押し問答を繰り返し、1,500個⇒2,500個⇒3,500個⇒4,000個まで補償玉数が変更になった。



A : もう時間ないから、これでいいけどさ・・・


B : 申し訳ありません。私達、実はこのゲームフローを理解してないんです。



なんかこれって機種は違えども、どこかで話したようなw ※そもそも補償玉数を決めていない事がオペレーション上の問題点。




それよりも、この事により得をした人と損をした人ってどちらでしょうか。


Aは例え投資額は返ってきたとしても、大当りを楽しめなかったことが大きな損失。 Bはこの対処によって一人のお客様を失う可能性が大という損失。


両者共に得はしてませんね。


ただBの対応如何では、Aを失う可能性を回避できる可能性もあります。 まぁこの可能性の部分で言えば100,000個出るものが上記の場合4,000個で済んだと考えるならばBは得したことになるか。





LINEで送る

関連記事



  1. 現状を知らずに製造・販売したメーカーが悪い(-_-#)

    • サンセイ出禁のナカジ
    • 2014年 3月 07日



    ※お客様=常時だべ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

売り場プロモーション診断士検定

デザイン定期便

広告募集中

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ