~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

「貸し渋り」再燃!?

皆様、こんにちは。

さっそく標記の件です。
中小のパチンコホールに対しての締め付けが出てきそうで。。。

パチンコホールの営業認可数は1万2479件(2010年、警察庁調べ)ある。一方、企業情報の帝国データバンクによると、2009~11年のパチンコホールの倒産は減っている。11年の倒産は22件が発生。前年に比べて6件(21.4%)減少した。

過去10年間のピークである07、08年(各72件)と比べると3分の1以下に減り、負債総額の49億400万円も前年比76.5%減と大幅に減った。倒産のピークだった07年の1722億6200万円と比べると97.2%減の激減だ。

帝国データバンクの早川輝之氏はこの状況を、「パチンコホールの淘汰が一巡しました。新規購入台数や広告・宣伝費を抑えることで経費を節減し、資金繰りに余裕をもたせています。金融機関の融資も戻りつつあります」と説明する。

週刊現代が最近特集した「日本の大金持ち」でも、パチンコ関係者の名前が目立った。とはいえ、広告・宣伝規制の強化は中小のパチンコホールからじんわりと効いてきそうだ。「金融機関は財務状況がはっきりしない中小のホールには厳しい態度で臨みます。集客力が弱まり、財務が悪化した中小のホールから倒産していくことはあります」と、早川氏はいう。

by JCASTニュース



今のご時世、借りたら最後。

負債を増やしてまで営業する意味はあるのでしょうかね。稼働が上がる見込みがなければ、ただの延命措置にしか過ぎません。まぁ借りる企業は返すつもりがないから借りるんでしょうねw



LINEで送る

常時山本の覆面調査

店舗にいると何が良くて何が悪いのか分からなくなる時があります。そんな時は第三者の視点で観る事も必要です。

①競合店と比べると自店はどうなのか。
②自店の強みは何なのか。
③不正はされていないか。

などなど、改善する事で全体のパフォーマンスを上げ支持率へと繋げましょう。

常時山本の覆面調査については、こちらからお気軽に問合せ下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージはこちら

関連記事



  1. ダイエーが資金借りたというニュースがありましたね。結局ホールは銀行の鴨。再度貸し渋りでまた民事再生にならなければいいのですが。



  2. 常時山本さんへ
    最後の言葉、ちょっと酷すぎ!好き好んで借りている訳でないし、必死で返済しようと努力している所もあるわけで!根本的には、新台価格の高騰に低価格化の遊技にあるわけで、今後いかに適正な方向に導いていくかを誰かが提言しないとね!?



  3. まあ、出さないから客が行かないのか?。 客が来ないから出せないのか、理由は様々なんでしょうけど、下火になるホールみてると、
    衰退して行くのは、外側に原因を持っていってる感じがしますよねー。

    なぜ、客が行きたくなくなるのか?

    ユーザー目線で本気で考える時期に来てるんちゃいますかねー。
    (・◇・)

    マル〇〇も、同じ様な台を購入して、業績を延ばしてるんだし。

    (好き嫌いは別として。)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

株式会社エコネット様

株式会社エコネット様

パチンコ転職ナビ様

パチンコ転職ナビ様

株式会社TABEO(タベオ)

P・S店専門ホームページ制作会社様

広告募集中!

広告募集中!

読者になる

RSSでブログを購読

アクセスカウンター

  • 9905昨日の閲覧数:
  • 174057月別閲覧数:
  • 26現在オンライン中の人数:

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Twitter

最新の記事

アーカイブ