~透明感のあるパチンコ業界へ~

menu

常時山本

「出店阻止」和解へ

皆様、お晩です。


以前、現地まで観に行った国分寺駅前の件ですね。


パチンコ店経営会社が出店を予定したビルの隣に東京都国分寺市が図書館分室を設置、これにより出店を断念し損失を受けたとして、パチンコ店経営会社が同市に損害賠償を求めていた裁判の控訴審で、同市市議会は3月25日に関連議案を可決、和解することを決めた。新聞各紙などが伝えている。


東京地裁での一審判決によると、国分寺市は出店計画を知った2007年2月、出店予定地となるビルの隣に市立本多図書館駅前分室を設置。東京都の場合、風営法施行条例などにより該当地域では図書館から50メートル未満でのパチンコ店の営業が禁じられているため、パチンコ店経営会社が出店を断念した。


一審判決ではこの図書館設置の目的が出店阻止にあったと認め、営業上の権利を侵害したとして市に約3億3400万円の支払いを命じていた。和解にあたっては市がパチンコ店経営会社に3億3400万円、出店予定ビルを所有していた不動産会社に1億1700万円を支払う。


by グリーンべると



そりゃあ、和解に持ち込みますよね・・・


つか、この金って税金ですよね・・・こんな事に使われるなんて地元の方々は怒りますよね! お察しいたしますm(_ _ )m





LINEで送る

関連記事

    • くーぺ
    • 2014年 7月 10日



    楽園出店を予定していた跡地にパチンコ店が仮設出店しますw
    そう、再開発で閉店をした店とこれから閉店を迎える店が、、、。もちろんオーナーは同じ。
    年末オープン、年末閉店。
    規模は500~600なのか、もう少し多いのか。
    4階建てなのでどこまでをフロアにするのかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パチンコ転職ナビ様

新台ポスターデザイン定期便様

P-SENSOR様

パチンコ専門WEB制作

RSSでブログを購読

読者になる

最新の記事

アーカイブ